週末だけのまちのみせとは?

鳥取市鹿野町は、人口が3,600人ほどの小さな山間のまちです。
そんな小さなまちですが、400年前に城下町として整備され、住民の手によって風情ある町並みが脈々と受け継がれてきました。

『週末だけのまちのみせ』は、城下町・鹿野を舞台に「いまだけ・ここだけ」をテーマに毎年秋に開催されるイベントです。
やりたいことがある人の気持ちが形となるように、普段は空き家・空き店舗となっている建物を使ったり、住居やお店の一角、広場などを提供しています。
閑静で厳かな町並みの鹿野町も、イベント期間中はたくさんの人で賑わい、いつもとは違った風景に彩られます。

2008年より鹿野町では『鳥の演劇祭』という全国各地より劇団が集まるイベントが開催されてきました。
これをきっかけに演劇の観賞に来るだけではなく、より鹿野町らしさを実感していただくために、2012年より財産であるまちなみを活かした『週末だけのまちのみせ』がはじまりました。
当初は、12店舗からはじまったイベントでしたが、現在では県外からの参加者も増え70以上の出店・企画が催され、延べ10,000人が集まるイベント期間になりました。

8回目となる今回は、楽しんでいただけるように、文化活動の盛んな鹿野らしく「ライブペイント」・「音楽演奏会」などを企画しました。
さらに、同期間中には日中韓の合同演劇祭である『BeSeTo演劇祭26』、全国から劇団が集まる『鳥の演劇祭12』、鹿野町の「わったいな!(すごい)」を紹介する『鹿野わったいな祭』が開催されます。
また、国の有形文化財を巡るツアーや、里山を歩いて回るフットパスなど、これまでにない企画もたくさん企画しています。

まちやひと、芸術の魅力がたくさんつまった鹿野町を楽しんでみませんか?

 

タイトルとURLをコピーしました